◇一般に家庭でお料理に使われる酢は、「合成酢」や「醸造酢」。合成酢は、酢酸溶液に糖分・カラメル・エステル類を混入してつくられます。醸造酢は米・酒粕等をアルコール発酵させつくられます。これに対し、黒酢は米麹・米・天然水を独特のツボに仕込み、3段階の自然発酵を重ねて生み出されます。アミノ酸・有機酸など有用成分が豊富で、健康機能性が期待されるお酢です。

黒酢は発酵や熟成で黒褐色に色づくため黒酢と呼ばれています。
一般的に黒酢は

  • (1)昆布または椎茸等を焼いてすりつぶし、酢を加えたもの
  • (2)玄米を原料とした色の黒い酢
  • (3)米などを原料として壷の中で発酵してつくられる酢

の3種類があるとされます。いま注目されているのは(3)の黒酢です。

CLOSE

一般に家庭でお料理に使われる酢は、「合成酢」や「醸造酢」。
合成酢は、酢酸溶液に糖分・カラメル・エステル類を混入してつくられます。醸造酢は米・酒粕等をアルコール発酵させつくられます。これに対し、黒酢は米麹・米・天然水を独特のツボに仕込み、3段階の自然発酵を重ねて生み出されます。アミノ酸・有機酸など有用成分が豊富で、健康機能性が期待されるお酢です。

原料は米100%・天然つぼ造り純米酢

※黒酢にもツボの形、原料、仕込み方のちがいでいろいろな種類があります。「熟成黒酢粒」が使用している黒酢は、米麹・米・カルデラ天然水を独特のアマンツボと言うツボに仕込み、3段階の自然発酵を経て作られる「鹿児島県産・天然つぼ酢」を使用しています。

CLOSE

現代は食生活が洋風化し、肉類や加工品が多くなっています。伝統的な酢料理が非常に少なくなっています。酢は食事のおいしさをひきしめる、防腐に役立つ、食欲を増進させるなどの効用で活躍してきましたが、中でも黒酢は必須アミノ酸をはじめ有機酸が豊かです。

CLOSE

黒酢にはアミノ酸がバランスよく含まれ、体内でつくることのできない必須アミノ酸も含まれます。

(1)アミノ酸は新陳代謝に欠かせない成分で、またからだの主要な構成であるたんぱく質のもとになります。

(2)食べ物からとった栄養素ではまず炭水化物が、次に脂肪が、最後にたんぱく質が消費されますが、アミノ酸の中には抗肥満アミノ酸があり、黒酢が注目されています。

CLOSE

米麹、米、天然水がアマンツボに仕込まれ、次の3段階の自然発酵で出来上がります。


CLOSE

液体のままの黒酢は、相当飲みなれないと、毎日つづけるのはつらいところがあります。「熟成黒酢粒」は、酸っぱさが苦手な人でも、黒酢のエキスが十分摂取できるように、黒酢エキスに、さらにサフラワー油、純正ゴマ油、練りゴマ、ビタミンE等の栄養成分を加え、飲みやすいソフトカプセルにしています。これなら、しかめっ面をすることもなく、おいしく長く続けていただけると思います。

CLOSE

1日4〜5粒を目安にお飲みください。時間はいつでも構いません。馴れないうちはお水と一緒に召し上がると違和感も少ないと思います。

CLOSE

吸収性、機能性を大切にして、下記のような配合のソフトカプセルにしています。。

CLOSE

お酢にはお子様の成長にも大切なアミノ酸が含まれます。最近のお子様は酸っぱいものが苦手のようです。そんな食生活を補うのにご利用いただけると思います。1日4〜5粒程度を目安に、お子様でしたら1日2粒程度を目安にお召し上がり下さい。

CLOSE