◇グルコサミンはアミノ糖の一種で、ネバネバした成分です。グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸等のネバネバ成分を総称して「プロテオグリカン」と呼んでいます。構成比はわずか2%ですが、このネバネバが80%の水分を保持し、出し入れしています。カルシウムとは違います。

グルコサミンとは、軟骨をはじめ、私たちの体の様々な組織に存在しています。元々、人は自らの体内でグルコサミンを作り出していますが、加齢などにより減少してしまいます。
また、コンドロイチンも、グルコサミンと同じく、私たちの体の様々な組織、特に関節軟骨に多く含まれており、たんぱく質やヒアルロン酸などと共に水分を適度に維持し、衝撃から関節を守ります。

CLOSE

食品ですので、ご利用方法に特に決まりはございません。2〜3回に分けてお召し上がりいただいても結構です。ご利用いただきやすい方法でお続け下さい。

CLOSE

弊社の「発酵グルコサミン」は、とうもろこしを原料に微生物にて発酵させ、精製しておりますので、「発酵グルコサミン」とネーミングしています。

CLOSE

違います。エビ・カニ由来ではなく、とうもろこし由来のグルコサミンを原料としていますので、エビ・カニアレルギーの方でも安心してお飲みいただけます。

CLOSE

とうもろこし由来のグルコサミンもエビ・カニ由来のグルコサミンも、グルコサミン自体の構造は同じですので差はないものと考えられています。

CLOSE