◇一口に青汁といってもいろいろあります。今まで使われてきた青汁の材料は数十種類あります。たとえば、ハコベ、キャベツ、ほうれん草、ブロッコリーなどです。もともとは食糧難の時代に栄養を補う方法として、野草をすりつぶして飲む方法が考えられ、生まれました。

一口に青汁といってもいろいろあります。今まで使われてきた青汁の材料は数十種類あります。たとえば、ハコベ、キャベツ、ほうれん草、ブロッコリーなどです。もともとは食糧難の時代に栄養を補う方法として、野草をすりつぶして飲む方法が考えられ、生まれました。
現在青汁といいますと、次の3つが主流になっています。

大麦若葉は、青汁健康法でとくに重視される「葉緑素」が多く、β-カロテン、ビタミンE、鉄、カルシウムも勝っています。そして現代人に不足しつつある食物繊維も多いなどの点から、とくに大麦若葉の青汁が注目されています。

CLOSE

若葉は今後成長していくための栄養成分がいっぱいです。麦若葉の栄養含有率は、β-カロテンがニンジンの約1.5倍、食物繊維がキャベツの約29倍となっています。大麦の穀粒は昔から健康に良いとされてきましたが、麦が20〜30cmくらいに育った若葉は、β-カロテンも食物繊維も、ビタミン、ミネラルもグンと穀粒を上回る栄養成分を含んでいます。

麦若葉青汁は、
5つの栄養が特長です。

野菜不足、食物繊維不足を補うのに便利です。葉緑素、繊維等化学物質の時代の健康維持に役立ちます。β-カロテン、ビタミンE、SOD様成分がセルフメディケーションの時代の健康に期待されます。

CLOSE

プリセプトの青汁βの自慢は、国内の専用の畑で栽培された良質の大麦若葉に、8種の野菜末、オリゴ糖を配合してとても“おいしく”飲んでいただける点にあります。お子さまにも喜んで飲んでいただける細粒タイプで、保存や携帯に便利なスティック入りという特長もあります。青汁は“まずいっ!”と言う先入観が強くありますが、青汁βは“まるでちがう!”と言う反響をいただき、生協さま等で10年以上のご愛飲をいただいています。

CLOSE

お子様でも抵抗なく飲んでいただけますので、とくに野菜ぎらいのお子さまの補助食品として最適です。成長盛りのお子さまは、とくに十分なたんぱく質・脂質とビタミンA・鉄・カルシウムなどは大人以上に必要です。また最近は食物繊維不足のお子さまが増えています。おいしく飲める健康補助食品として、ぜひおすすめします。

CLOSE

1日1〜2包を目安におすすめしています。とくに野菜不足や食事の偏りが心配なとき3〜4包お飲みいただいても結構です。基本的に過剰摂取ということはありません。麦若葉青汁βは副作用を示すような成分は含んでいません。ビタミンの場合もビタミンAのみが作用上、許容上限(1,200〜1,500μg)を定められていますが、これも特殊なビタミン剤以外問題のない数値です。
但し、麦若葉青汁βに限らず、あくまで健康補助食品ですから、食生活のバランスを補う立場からご利用ください。

CLOSE

飲む時間はいつでも構いませんが、毎日続ける場合は食事と同じで規則正しく飲まれるのがからだのリズムを生むのにも最適です。

CLOSE

麦若葉青汁βは細粒にしています。ですから他の青汁と違い、そのまま飲めるのも特長の一つです。けれどもそれが苦手な人はミルクやジュースに混ぜて一緒に飲んでもOKです。朝のパン食等ではこうしてお飲みいただくのが、手軽で効果的です。熱いお湯等に溶かして飲むのは、熱に弱い乳酸菌等の効果が損なわれますので、ぬるめにしてお召し上がりください。スティックの封を切ったら早めに召し上がりください。一旦溶かしてしまったら、できるだけ早いうちに召し上がるのがベストです。

CLOSE